上越の注文住宅スタイルブック » 【基礎知識】上越市で建てる家造り » 工務店とハウスメーカーの違いとは
  

工務店とハウスメーカーの違いとは

工務店とハウスメーカーには、どのような違いがあるのか、そしてこれらのメリット・デメリットを踏まえてどう選択したらよいのかについて、まとめて紹介していきます。

工務店とは

工務店とは総合的なかたちで施工を請け負う業者です。地域に密着した形態が多くみられます。 そのかたちは色々あり、代表と職人さんの小さな規模の工務店から、フランチャイズも含めた大きなスタイルの工務店などです。

工務店のメリット

比較的低価格で家が建てられる

工務店の規模こそさまざまですが、工務店はほぼ規模が小さいところが多いです。そのため、建築に必要なコストを抑えることができやすい傾向にあります。 さらに、ハウスメーカーにみられるような施工における厳格な規定がないことが多いので、少々複雑な土地でも建設が可能なパターンが多いです。

こだわりを貫ける

ハウスメーカーと異なり、工務店の方が住宅の希望を実現しやすいです。それは、大規模なハウスメーカーよりも細かな制限が少ないことが理由です。 そのため、設計や間取り、使用する素材など自由にプランを組み立てられるのです。家を建てるにおいて、強いこだわりを持っている方や、個性的なデザインを求めている方は、工務店が向いているといえます。

工務店のデメリット

工務店を選ぶべきか決めにくい

工務店では、その規模が小さいことから、大手のハウスメーカーほど明確かつ詳細にこれまでの施工例を公式サイトなどで紹介していることが少ない傾向にあります。 工務店がもつ実力や施工の能力などをつかむことが難しいのです。 また、長い間同様の施工をしてきている工務店の場合、新しい技術等に対応できないこともあります。

住宅完成までに時間がかかりやすい

大手ハウスメーカーよりも試行期間が多くかかってしまうことが多くあります。それは、すでに加工されている建築素材を持ち込まず、実際に現場で建築素材を加工するからです。 設計の段階から施工に至るまでの全般を任せられることで自由にしやすい工務店ですが、明確なシステムが構築されていないのです。ただし、家の完成する早さに特にこだわりのない方にとって、工務店での建築も視野に入れることをおすすめします。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、オリジナルの住宅の形を全国で提供している大きな規模の会社のことを指します。 対応可能なエリアが広いのも特徴です。素材の企画やその仕様などが一定に統一されているため、施工がスムーズにスピーディにすすみます。

一律の経営体制が整い、施行後のフォローがしっかりしているところが多いので安心です。 また、全国規模で存在するモデルハウスなどを見られる展示場にて、実際に住宅の見学ができるのも嬉しいですね。

ハウスメーカーのメリット

安定した品質

ハウスメーカーが提供する住宅は、一定の規格があり、チェック項目を設けていることも多いです。そのため、一定のクオリティが保たれているのも特徴です。

施工におけるクオリティーが安定しており、品質を重要視するかたはハウスメーカーを選ぶと良いでしょう。

工期が短い

大手ハウスメーカーでは、早ければ上棟から約2ヶ月足らずで完成するメーカーもあります。なるべく早く新しいマイホームに住みたい方はハウスメーカーが向いています。

ハウスメーカーのデメリット

費用が高い傾向にある

大手のハウスメーカーは、大きな住宅展示場の運営やテレビCMなどの広告費や、多くの人件費などが建築費へ影響を与える事実があります。高額な広告費をかけていない工務店へ依頼するほうが安く済む可能性があります。

設計の自由度が低い

大手ハウスメーカーでは、細かな要望は嫌煙されがちです。また、住宅の外観などからどこのハウスメーカーなのか一目でわかるものもあります。

間取りや設備などの自由度を追求したい方、他の家と違うデザインを求める方は、ハウスメーカーは向いていないことが多いです。

建築コストは?

工務店は、ハウスメーカーのような規格品の大量生産をしていないところが多いので、原価コストを下げるのが困難です。反面、ハウスメーカーのように大々的な宣伝を行っていない工務店の場合は、コストに宣伝費が上乗せされていないぶんコストを抑えられるケースもあります。

対して、ハウスメーカーは自社工場で規格品の住宅モデルを提供するところが多いので、原価コストを下げられます。ですが、住宅展示場の運営や広告費などのコストが費用に上乗せされている場合は建築コストが高くなるのが難点です。

住宅プランの実現性は?

工務店の住宅プランは自由度が高いので、施工主の理想に近い間取りや構造が実現しやすいと言えます。特に、独創的なデザインをモチーフにした注文住宅を建てたい場合は、工務店の方が柔軟な対応を期待できるでしょう。

一方ハウスメーカーでは、自社ブランドやテーマに合わせた住宅モデルが用意されています。そのため、住みたい家のイメージがまとめられない人や、住宅モデルに魅力を感じる人に最適です。自由度は工務店よりも低くなることを踏まえておきましょう。

施工の技術力や工期で比較

工期に関しては、工務店よりもハウスメーカーの方が短い傾向にあります。これは、ハウスメーカーは施工の流れをシステム化・マニュアル化されているからです。

技術力に関しては、工務店もハウスメーカーもさほど変わりません。その理由としては、ハウスメーカーに依頼した場合でも実際の作業を行うのは地元の工務店となることが多いからです。ハウスメーカーの場合、建築に用いる建材や部材は規格化されているため、住宅の品質が一定に保たれる利点があります。

アフターメンテナンスやサービスの差は?

工務店の場合、地域密着型のところが多いため、一人ひとりに手厚いサービスやアフターフォローを行なえます。反面、小規模なところでは社員人数が少ない可能性があり、サービスが十分に行き届かない可能性も。また、倒産するとアフターメンテナンスを受けられなくなるリスクもあります。

ハウスメーカーの場合、経営基盤が確立・強化されていれば倒産のリスクは少ないでしょう。アフターメンテナンスの内容に関しても、無料修理期間や定期点検などの充実したサービスが受けられます。

理想の家づくりをするためには?

工務店とハウスメーカーにはそれぞれの良さがあります。互いの特徴を把握したうえで、自分の要望を叶えてくれる方を選びましょう。理想的なデザインの家を作りたいなら工務店、ブランド力による安定したフォローを求めるならハウスメーカーが適しています。

【まとめ】理想の住宅の施工ができる会社を見極めるには

ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリットは表裏一体です。どちらに依頼すべきか悩んだ場合は、自分は住宅建設において、何を重要視したいのかを一番に考えてみるとよいでしょう。

上越で建てる
「魅せる注文住宅」3つのスタイル

Recommend

デザインで魅せる

で魅せる

クーディーホーム

クーディーホーム施工事例
引用元:アスカ創建
http://www.cudehome.jp/gallery

公式サイトの
施工事例を見る

ブランドで魅せる

で魅せる

積水ハウス

積水ハウス施工事例
引用元:積水ハウス
http://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0042

公式サイトの
施工事例を見る

デザインで魅せる

で魅せる

クーディーホーム

クーディーホーム施工事例
引用元:アスカ創建
http://www.cudehome.jp/gallery

公式サイトの
施工事例を見る

スピードで魅せる

で魅せる

タマホーム

タマホーム施工事例
引用元:タマホーム
https://www.tamahome.jp/case/5903

公式サイトの
施工事例を見る

※長期優良住宅に対応、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー受賞歴あり、常時展示場を持つ住宅会社の中から施工事例の掲載数が多い3社を紹介(2021年6月調査時点)
 

上越で建てる
「魅せる注文住宅」
3つのスタイル

積水ハウスの注文住宅外観

究極のブランド力
積水ハウス

着工件数で日本一を誇る住宅メーカー。大手の中で最高価格帯に位置する注文住宅は、ドアの音に至るまでこだわりを持っている。…
(画像引用元:積水ハウス http://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0025/)

詳細を見る 公式サイトへ
クーディーホーム・アスカ創建の注文住宅外観

デザインで圧倒
クーディーホーム

地場メーカーながら、大手に劣らない機能性と空間設計による高級感をもつ。モデルハウスも、上越の総合住宅展示場のすぐ近く。…
(画像引用元:アスカ創建 http://www.cudehome.jp/gallery)

詳細を見る 公式サイトへ
ハーバーハウスの注文住宅外観

スピードで出し抜く
ハーバーハウス

20代で注文住宅のオーナーになるためには、価格が重要。貯金無し、土地無しでも持てるマイホームで1%の選ばれし者になる。…
(画像引用元:ハーバーハウス https://www.herbarhouse.jp/plan/boana/)

詳細を見る 公式サイトへ
サイトマップ